女性に興味なし!?“絶食系男子”の実態とは

恋愛はするけれど、自分から積極的にアプローチはしないのが草食系でした。最近は、さらに進んで「恋愛自体に興味がない男の子」が出現中です。女友達もいる、異性とうまくコミュニケーションをとれないわけでもない。でも、彼女が欲しいと思わないし、必要性も感じない。女の子に対して「さっぱりしてる」も、ここまでくるとどうなのでしょう。

絶食系男子の特徴

男だけの集まりでも充分に楽しめる
女友達とも男友達とも、同じようにその場を楽しむことができます。男ばかりとつるんでいても、全然OKなのです。「ここに女子がいたらもっと盛り上がるのに」とか「なにかものたりない」と考えることがありません。

ひとり時間を大切にする
誰かがいないと楽しめない、ということがありません。ある意味しっかり自分の世界をもっている、ともいえるでしょう。独りだけのくつろぎ時間を大切にしています。好きな趣味があれば、なおさらその傾向は強まります。

恋愛させようとする人を煩わしく思う
いらぬおせっかいを焼いて、コンパに誘ってみたり、同級生を紹介したり。相手は気を利かせてやっているつもりでも、本人にとっては「うっとおしい」というのが本音。恋人が欲しいという気持ちがないのですから、お膳立てされても困ってしまうわけです。

恋愛に興味がないからナチュラルに女心を傷つける

彼らは、気兼ねなく女性と二人ででかけたり、食事をしたりします。でも、あくまでも友達としてのつきあいですので、それ以上発展しません。帰りが遅くなれば、異性でも気持ちよく家に泊めますが、下心はまったくありません。純粋に友達を家に泊める感覚です。もしそんな人を好きになってしまったら「自分に魅力がないのか」と悩んでしまうかもしれません。

気持を伝えたくて熱い視線やサインを送っても、絶食系は純粋に気づかないか、気づかないふりをします。わかりやすい露骨なアピールは、相手を困惑させてしまうばかり。彼らはやさしいです。女の子の立場も思いやるので「どうしたら相手を傷つけずにすむか」を考えて行動します。恋愛感情をもっている側からすると、切ないですね。

恋愛に奥手というわけではなく、ましてやインポテンスなわけでもありません!ただ純粋に、女の子に興味がない、といったところでしょうか。異性と触れ合うこと、つきあうことで生まれるドキドキやわくわく感、幸福感がなくても、毎日が充分に満たされているのかもしれません。そう考えると、お坊さんのようでもありますね。そんな男子を好きになってしまったら、ライバルがいるよりも難しい恋愛になってしまいそう。

ED薬などを使うとこんなにもたくさん喜んでいる男性はいるのです!

同僚はかなり頼りになる

このところ朝立ちがしなくなったというのは自覚していて、そのうち彼女とのセックスのときも最後までおつとめを果たすことができなくっていたんです。

深夜まで残業が続くことも多く、仕事で疲れているんだから仕方ないと彼女も慰めてくれますし、自分でもそう思い、そのうち大丈夫になるだろうと思っていました。

ところが、あるとき飲み会で会社の同僚にこのことを話してみたんです。そしたら、「おまえ、もしかしたらEDじゃね?」と言われ、試しにこの後風俗へ行こうと誘われたんです。

すると、やっぱり発射するまでには至らず、風俗嬢にも恐縮されまくりで、なんだか申し訳ない気持ちになりました。そのとき、同僚が病院へ行くべきだと強くすすめてくれ、しばらくして病院に行くことにしたんです。

そしたら、案の定EDだと診断され、バイアグラを処方されたんです。バイアグラのことは知っていましたが、自分自身のこととなれば、どうも半信半疑で効くのかどうか不安でした。

そして使ってみたところ、最近のムスコとは見違えるようにいきり立ち、ちゃんと責任を果たしてくれたのです。そのときの彼女の笑顔は忘れることはできないでしょう。

人生の半世紀を上回る時

男性の勃起不全(ED)は、40代以上にもなると実に全体の半数を、大きく上回ると考えられています。

まあ正直な話、40代以上ともなると、いろいろと身体に変化が出てくる時期ですし、ある意味仕方がないかな・・・などと思えなくもありません。

ただ、より深刻であると考えられるのが、20代や30代、さらにはなんと「10代」の男性にも最近はEDの症状を呈する人が増えてきているという点です。

その他、原因はいろいろ考えられます。

別に男性が「草食男子」ばかりになってしまったというわけではありません。

近年は食生活が変化してきていること、さらには忙しい現代人にとって、ストレスがどうしても蓄積されやすいということが、その大きな原因であると考えられています。

そうなってしまえば、もうバイアグラの出番であるということにはなるかもしれませんが、バイアグラの場合、病院で診てもらわなければならないというのが、ひとつの大きなネックになります。

正直面倒ですし、やはり第三者である医師に相談するのは、正直抵抗があるでしょう。

そうなると近年では、正規品のジェネリック系バイアグラを販売しているということで、そちらに手を出してしまう男性が多くなっているというのが大きな問題になっているわけです。

この是非について、結論らしい結論がまだ導き出されていないというのが大きな問題です。

性欲の捌け口を見つける

その人によって、異なる点もあるのですが、何歳になったとしても性欲というのは大体残っているものです。

ですが、その性欲は普通にあるのに、どうしてもペニスが勃たないということだってあります。
そうなると女性から冷たい目で見られてしまったり、相手も傷つけてしまったりしてしまうということだってあり得ます。
ペニスが勃たなくなってしまったら、女性と交際をすることや、新しい出会いを探すことも怖くなってしまうということだってあるかもしれません。
また、自分は性欲はあるのに、その性欲を発散させることができずに、自分の欲望の捌け口を見出すことができなくなってしまうということもあるでしょう。
思ったようにペニスを勃たせることができなくなってきたのであれば、勃起薬であるレビトラやシアリス、バイアグラなどを服用してみることも考えてみてはいかがでしょうか?
この中でもバイアグラというのは、とても知名度が高くなっています。

大体どんなものなのかは知っているという人が多いのではないでしょうか?
名前や効果については知っていても、自分が使うとなると不安な人もいるでしょう。
バイアグラはサプリメントや健康食品の類ではなく治療薬ですから、使い方や効果などについても理解をしてから服用しなくてはなりません。
過剰摂取などをしてしまったりしたら副作用に見舞われる可能性だって高くなってしまいます。
そして、ED治療薬でもいくつも種類があり、その種類によって特徴も異なります。

特徴と自分が欲していることを比較しながら、一番自分を満足させてくれそうなED治療薬を見つけるようにしなくてはなりません。

憂鬱な自分を打ち消す努力

最近、その男性は夜の時間がかなり憂鬱に感じてしまったのだそうです。

その理由としては、最近すっかり性生活のほうがうまくいっていなかったということが理由なのです。

それが基となり、男性の性器が力を発揮することができずに、自信を喪失してしまっていたのですね。

その理由としてはいろいろと考えられそうですが、やはり年齢もありますし、ストレスなども関係していそうですね。

その状態になってからというもの、彼女も女友達にも、夜にはがっかりされてしまうようになったのだそうです。

なので、男性はその性器に元気を取り戻すために、精力剤やバイアグラなどを試してみるようにしたのです。

すると、性器は驚きの元気を取り戻すことができてしまい、すっかり衰え知らずになったのだとか。

これまではとても役立たずだった性器が、普通に一時間ほどは持続力を取り戻すことができたのです。

ED薬や、精力剤といわれる薬を使ったことがある男性はどのくらいいるものでしょうか。

あまりいないのではないかと思いますが、もし悩みを抱えてしまっているのであれば、一度は試してみてください。

これまでに自信を失ってしまう理由となっていた性器の不能が、見事に解消されるかと思います。

そうすれば、女性も満足させることができますし、Cialisで男性も自信を喪失することがなくて済みますね。